現場レポート

HOME » 現場レポート » 第16回ワークショップ

第16回ワークショップ


毎月第3週の土曜日は、ワークショップ開催日です。


 


3月17日(土)のワークショップは「生花から作るドライフラワーブーケ」のワークショップでした。


 


 


 


プリントを用いてドライフラワーについての解説。


ドライフラワーに向くお花や、ドライフラワーにする時の注意点などをレクチャー。


ドライフラワーの寿命やお手入れについてなどお話させてもらいました。


 



 


今回使用した花材はこちら。


・ベルベットのような質感のネコヤナギ。


・サーモンピンクのスターチス。


・スプレーバラ


・今が旬のクリスマスローズ。クリスマスローズもドライフラワーになります。


・レモンリーフ



 


生花を束ねてドライフラワーにします。


ただ1つにまとめるのではなく、1本のお花を軸にスパイラル(茎が、らせん状になるよう)に束ねます。


 スパイラルに組む練習から。



 


慣れないうちや、お花の本数が増えてくると、お花を握っている手が釣ってしまい難しいテクニック。


しかし、スパイラルに茎を組めると、結束の位置が一点に集まるので、結束した時に花束の形が定まります。


お花とお花がくっつかないのでふんわり仕上がり、茎もそろって美しいのです。




 


何回か練習したのち、本番です。


クリスマスローズも茎が太いので、結構なボリュームに。


皆さん初めてなので、机に置いた状態で1本づつお花を足して束ねていきます。


慣れるまでは、このようにすると作りやすいのでお勧めです。



 


輪ゴムで止めてお花の向きや、長さを調整して形を整えます。



 


吊るせるように、麻ひもやラフィアで結びます。


輪ゴムが見えないように、上手く麻ひもやラフィアを巻き付けます。



 


ブーケの完成!


直射日光を避け、風通しの良いお部屋で乾燥させてドライフラワーにします。


落ち着いたトーンのドライフラワーは、生花とは違った雰囲気。


ナチュラルなインテリアの演出を楽しめます。


 


 


 


次回は4月21日(土) 10:30~12:00


~ドライフラワーリース ワークショップ~


 はじめての方も安心。親子で楽しく。


小さいお子さんを連れてご参加いただけます。


お花に触れて楽しい時間を過ごしてみませんか?


皆さんのご参加お待ちしております。



この記事へコメントする

お問い合わせ・資料請求
0120-83-0074
ページの先頭へ